ごまちゃん (高齢者持ち込みわんこ)

CATNAP comments(1) - ちばたり あんな
    ★CATNAPにレスキューされた愛息みっきいの仲間達を千葉県動物愛護センターからレスキューする搬送のお手伝いをしています。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ←応援感謝しております。少しでも多くの目に触れるよう押して下さると嬉しいです♪

ラサ・アプソMIX親子を連れて葛飾の協力病院に行った昨日、
嬉しい光景を目にしました。



看護師さんとお散歩に行く「未来君」と「ごまちゃん」
    未来君もとても元気でした。抜糸後少し赤いところがあるのでケアしてもらっています。

ごまちゃんと私が初めてあったのは1月のある日でした。
収容されている子達を見るために小梅さんと向かった支所でポツンと
うつむいて座っていました。吠えるでもなくじっと格子の向こうから見つめていました。

「高齢だから」「皮膚も・・・」 引き取りの数を抑えているので若い子優先なのですが
飼い主持ち込みの年齢は多めだったりすることもあるので見せて頂きました。

服、ハーネス、トリミングにも出していたのがうかがえるリボン。
高齢だということですが目も白濁でもなくキレイです。
大人しくじっと見上げる黒い瞳

でも皮膚がとてもひどい状態でした。
コールタールのような黒ずみの塊を身にまといに血やしょう液?がにじんでいます。
毛は抜けていません アレルギーでもないのかな?アカラスでもなさそう?
疥癬でもなさそう?治るのかしら。。。それ以上に人間でも皮膚の表面の
何割かやけどをすると死んでしまいます。手を預けて大人しいこの子はどうなのか・・

その次に支所に行った時に持ち込まれた時のことを聞きました。
個人的なことなので細かなことは公開不可です。
信頼関係もある程度もって頂いてる(と思っている)お付き合いで聞いた話は
独居老人が施設に入るためにある保健所に連れてきた状況についてでした。

とても切ない、とても哀しい  その日に誰かを引き取りに行ったのに
誰を搬送していたかも思い出せない・・・ハニーさんに出した子をお願いし
そのまま協力病院にも自分で行くつもりだったのですが、泣きべそかきながら
運転しすっかり悲しくなった私は「病院には私が行きます」の小梅さんにお願いして
帰ってきてしまいました。。。小梅さんが来たのだからこむたんだったのかしら??





高齢ということです。あまりのひどい皮膚の状態にひるんでいました。
預けてきた前足を握っていてちょっと傷に触れたら悲鳴をあげました。
引き出しの検討犬に、と報告に書き添えることができませんでした。

ぱくちゃんやKai君が保護直後我が家にいた時、足先がグチョグチョの状態でした。
その足先が下痢などで汚れた時に洗う度、消毒液をつける度、痛さにあげていた
悲鳴を思い出しました。血のにじむタオルを思い出しました。

こんなに皮膚の状態が悪いとどうなんだろう
毎日ケアをするたびに痛くてつらい思いをするなら。。。
もしかすると拷問を続けるようなものなのでは そんな思いをさせるなら・・
  そうも思いました。

飼い主とこの子の最後のおでかけの様子を聞いてしまったので考えると涙が出るばかり・・・
自分でケアできる時間も自信もありませんでした。
いつもケアの大変な子達をピカピカにして幸せさんにしっかりバトンを渡される
nayuさんの爪の垢もらわねばいけなかったです。
デジカメの写真を時々眺めてはため息をついて涙が浮かぶ、という
何の手助けもしていない日が続きました。 
毎日痛くても生きたい??勝手にそんな2択の問題を作っていました。

「引き取ってそのまま病院へ連れて行ってください」との代表からメールが
とても嬉しかったです。 病院!
皆様から頂いている貴重な医療費です。もしかすると引き取っても
命のことも分からない。。。引き取りましたが公開することができませんでした。
    生き残れないかもしれない、あるいは長期になるかもしれない・・・



お迎えに来たよ ここからでようね



入れたとたん敷いてあるシーツに血やら何やらにじみます。。。





一緒に引き出した子はトリミングをお願いしましたが、とてもそんな状態ではありません。
ちょっと待っててね、病院に行こうね。



みんなが喜ぶおやつも食べなかったので、おやつの中ではとっておき
乾き物ではなくチーズが出てきましたよ〜 でも食べません。
痛いのかな・・・体がきついのかな・・・


病院で検査してお薬くれてマイクロバブルの泡で優しくケアしてもらいます。
よくなりますように。
ハニーさんのりんえんさんも同僚Rさんも小梅さんも 会ったスタッフは
みんなずっと祈っていました。
   
重度のアカラスだったとのこと、病院に預かって頂いて代表から
「もう、大丈夫」と聞くまでみんな気がかりでした。

「看護師さんからかわいいお名前もつけてもらってます♪」
 あら なんてお名前でしょう!! 何しろ最初の呼び方は「アカラスじいさん」
 でしたからね(-"-)  「でも、忘れました^^;今度また聞いてきまーす」
 (-"-)・・・お忙しいですから仕方ないっす 
   直接会ったことのない千葉支部隊長ぺりさんもやっぱり気にかけて
   いてくれていてすぐに聞いてきてくれました「ごまちゃんだって!!」

 安定して公開できる日を待ち焦がれていた小梅さんのごまちゃん報告は→こちら
    同じく回復のを祈ってくれていたボラトリ日記は→こちら

ということでごまちゃん
 元気に?病院でケアして頂き続行中 
かなりキレイになってきました。



頬から首、胸にかけてもうグチャグチャだったでんねん



乾いた皮膚になりました。黒ずみがかさぶたになって(毛も一緒にですが)
落ちたらきれいになって毛も生えてきます。
よりもうしみないです。しみない、痛くない、になってよかった(TT)

先日、小雪&ごまちゃん=F病院入院組の大撮影会が病院近くの公園で
行われました。そのために集合したですから、千葉スタッフみんなの思いっつうもんがうかがわれますね。

温かい日差しの降り注ぐ公園でごまちゃんはとても気持ちよさそうでした。
生きていてよかったね。 迷ったりしてごめんね。  
でもごまちゃん、小梅さんが出した「犬用おやつ」は反応が悪かったです。

「ごまちゃんてきっとぱくちゃんみたいに食パンとか好きですよねっっ」とごまちゃん
ニュースを発見したぱくちゃんママみわさん (^^; 私もそう思いました (^^)
けして食欲がないのではないです。
お年寄りと暮らしていたわんこは一緒のものをわけてもらって食べていた様子が
よくわかる子がいます。

病院へ戻るのにトコトコ歩くごまちゃんといた小梅さんのショック
「ごまちゃん、急に走って●●●を追った!!(TT)」 
いつも乗せてもらっていた乗り物だったんだよね。
最後のお出かけ先、保健所に向かうのもいっぱい乗ったんだよね・・・。
一人暮らしで一緒に暮らしていた犬との別れはきっと飼い主にもつらい道のりだった
と思います。
ごまちゃんの為に小梅さんが何枚か洋服を病院に届けました。
が、この服を着ていることが多いです。
小梅さんのはちょっとサイズが小さめだったかもらしい。
飼い主が選んだ服がやっぱり一番ジャストフィットなんですね・・・
そんな細かなことも気づくと切ない

CATNAPではご高齢の方からの若い犬・猫のご希望には後見人の方の意思の
ご確認をさせて頂いております。年齢で断られるのは不本意、というお気持ちを
ちょうだいすることもございますが、このようなことを目にしており、お断りさせて
頂いております。ご理解ください。


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへごまちゃんにもどうか 安心してお昼寝ができるご理解あるお家が
           見つかりますように。沢山の方の目に届きますよう応援頂けますよう
           お願いします。

   ごまちゃん、もう少し入院が必要ですが直に退院ができる状態になる
   見込みです。一時預かり先を募集しています。
   週に1、2回のシャンプーが必要です。

   ごまちゃんへのご支援はCATNAPチャリティーショップ 1口500円より
   「多数の保護犬猫」→
こちらでお受けしております。
   よろしくお願いします。

   
 え?F病院入院組撮影会に未来はどうしたの?
  はい、未来君についてご心配頂いている皆様、もうすぐ素敵なニュースを
  ご報告できそうです。乞うご期待! です。

    
外科的治療で出来ることは皆様のご支援でほとんど終了致しました。
    ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
    ですが、心を許してとても懐いている病院の看護師さんの他には警戒心が
    強く、一般家庭での暮らしには心配なことが多い状態でした。

    未来のことを応援してくださっている皆様の中には
    里親募集ページの未来が「里親様とのお話を進めさせて頂いております
         *募集終了*」となっているのに気付かれている方も多いかと思います。
    ゆっくり慎重に未来の様子もおもんばかりながら着実に、が今実ろうとしています。
     もう少しだけ ご報告にお時間をください。    そう、 もう「少し」♪(2/26 記)
 
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ了解、待ってる!の合図はポチッと♪

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    胸が張り裂けそうになりました でも幸せがきっと待っているよ 頑張って!

    • さん
    • 2010/06/14 4:05 PM
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM