ニュージーランドの空から

ARCh comments(0) - ちばたり あんな

ARCh アニマルレスキューちばは保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

今週事務所にアマゾンからのご支援が届きました。

 

送り主様は 

ハンドルネーム:ニュージーランドのSnowy  様

でした。

IMG_20200127_125222.jpg

 

ありがとうございます。

 

 

snowyさんはニュージーランド居住なので

アマゾンから送りますから何がいいですか?

とメールをくださりご支援をお送りくださっていた

ニュージーランド在住の日本人の女性でした。

 

遠くニュージーランドでブログを見てARChっこの

応援をしていますよ、のメールにとても励まされました。

 

千葉で細々活動している有志の集まりですから

遠くの県からのカレンダーやサポファミのお申し込みや

ご支援品、にもとても励まされています。

ニュージーランドにも応援してくださっている方が

と励まされていました。

 

 去年の11月にご主人様からのメールが届きました。
(一部)
>ニュージーランドから皆さんのご活動を応援してきましたが、
>10月20日に永眠しました。
>闘病中もスタッフの皆さんのブログを楽しみにしていていつも読んでいました。
>保護される犬と猫のことを心配し、
>皆さんのご活動を心から応援して
・・・
というsnowyさんの訃報でした。。。
闘病中にわざわざご支援のご手配もしてくださっていたこと
はじめて知りました。
ご冥福を心よりお祈りしました。
がんで闘病されていた、とのことでした。
ご自身も頑張って闘病しながらARChの子達のことも
応援してくださっていたとのこと・・・
〜〜〜〜〜〜
虹の橋 というお話があります。
動物達はお空に召されたら病気や苦痛から解放されて
虹の橋のたもとで元気にいるそうです。
そこで愛する人を待っていて、いつか再会できたら
とっても喜んで虹の橋を一緒にわたっていく
というようなお話です。
捨てられた保護犬猫のこの子達は誰を待っているんだろう
やっぱり小さい頃から一緒に生活した人だろうか
先に亡くなってしまった方ならまだいいけれど
捨てた人は再会を喜んでくれるのだろうか
そんなことを時々思うことがあります。
そのうちおばちゃんも行くから待ってなさいね
なんだけど
Snowyさんはいつもブログを見ていてくださったとのこと
きっと天国に行く途中で虹の橋のたもとを通ったら
そこにいるお空組のARChっこ達に声をかけてくれたのではと思いました。
あらチャリー、アリエルさん!、瑛太君? とかって
ご自身も闘病されていたとのこと、私頑張ったよ、あなたたちも頑張ったね
って言ってくれているのではないかなって
優しいご主人様もいらして私たち最後まで幸せだったよね
ってご自身の幸せ自慢もしながら、ちょっとさみしかった子達を
励ましてくれているのではないかなって思ったりしたのでした。
〜〜〜〜(改行がちゃんとできません よみずらくてすみません)
そんなSnowyさんから またご支援をいただきました。
ニュージーランドのお空からアマゾンで  え? ^^
ありがとうございます。
心からご冥福をお祈りいたします
     スタッフ一同 感謝もこめて

保護犬猫もみんなみんな最後の日までの愛に包まれることができますように

応援クリックをぽちっとよろしくお願いします。


にほんブログ村

楽天でのお買い物は ↓ こちらから。

いつものポイントはそのままでアフィリエイトのポイントがご寄附になります。

頂けたポイントをARChっこのために使わせていただいております

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM