ぴよちゃん 検査詳細

ぴよ comments(2) - ちばたり あんな

ARCh アニマルレスキューちばは保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

ぴよちゃんをお迎えに行った時に、検査の所見を伺いました。

 

★フィラリア

心エコーを見たら心臓にフィラリアがいたので検査したらフィラリア陽性だった。
強陽性?と伺ったところ。
んー、弱より多いので。。。そういう言葉はないけれど中陽性くらいかな、とのこと。
フィラリアの見え方の2本線がチラチラ肺動脈に見えた血液にもいた。
けっこういる。弱と強の間。いっぱいいる。要注意でいければ。
ボルバキア治療投薬を開始しました。

★心雑音(不整脈)

心臓は不整脈は間違いなくフィラリアが原因だと思われる。心肥大なし。
軽度の心雑音はあるがそんなに比率が悪くないので駆除最優先で心臓薬なしでいい。

★血液的はびっくりするよらうな数値はない。
IMG_20191228_130043.jpg
白血球、血小板の高いのは心臓のせいだと思う。
膀胱が汚れているので膀胱のせい。
BUNは骨折とフィラリアと膀胱が原因。
ALP値は骨のせいだと思う。
膀胱が濁っている。フィラリア性の血尿かとも思ったがフィラリアだとこんなに
濁らない 膀胱粘膜が腫れてきている。
IMG_20191228_130259.jpg
脾臓大丈夫。肝臓きれい、肝臓の全体像も問題なし
→→→ フィラリアの薬と膀胱のための抗生剤2週間。

★後ろ脚
膝が普通ないといけない場所から大きく内側にずれている。
IMG_20191228_130457.jpg
IMG_20191228_130504.jpg
うまれつきでしょう、とのこと。
左の膝のお皿の位置が内側に大きくずれている。
曲がっちゃっていて逃せない。脛骨が大きく入り込んでいる。
普通大腿骨についてるようだといいが、膝蓋靱帯が大きくずれている。
靱帯がついているところのラインがずれているので下の骨だけ内側に
曲がっている。なのでエックス脚、生後3ヶ月とかで治さないと将来的に
立てないから治してあげてはならなかった、というケース。
一般のオーナーさんのところに出てくる可能性はない奇形。
ブリーダーのところで放置されていたとか?かなぁ
これくらいのひどいのは教科書でしか見ない
生後すぐに将来的に歩行ができるよう手術をしなてくはならないレベルの足。
車いすの方がいいかもしれない。
→→→ 後ろ脚については
重度変形。大学に行ってもなおせないと言われるかもしれないレベル。
かかとなどの褥瘡がひどくなったら断脚して車椅子にした方が
いい、となるかもしれない。
★前脚
IMG_20191228_130724.jpg
前足骨折は左だけだった。(写真では右側)
かなり経っているのではないか。
普通なら周りの組織が腫れていないといけない
が腫れていないので時間経っている。
とりあえず後ろ足が動かなくて前足を使わないと、なので固定していない。
時間が経っているので創外固定では骨が付かない。
もう1回骨を折るなどしないと骨造成しないので付かない。
時間が経っているだろうね、とりあえず悪化することはない。とのこと。
ピンを入れないと直せない。ピンを入れるとギブスで固定、そしてピンを
外すのに再度手術をしなくてはならない。そもそも元の骨が細く、もろいので
それに耐えられるかどうか・・・遊離の骨になっている。
痛み止めも入れていない。だからステロイドが入れられてフィラリア治療が始
められた。

 
とのことでした。
自力で排泄はしている。
看護師がうんちおしっこする時に怒るといっていた。
そけいヘルニアが両側で大きいので腹圧が逃げてうまく力めていないかもしれない。
腸管脱出はない。液体はたまっている。浮腫か中ではじまっているが
壊死はしていない。
 
とりあえず、をまとめると・・・
まずはフィラリア。連れ帰るにあたっての留意点。
大きなトラブルはなく急に亡くなることはない。
フィラリアが右の心臓内にいるからの弁にひっかかったら倒れる。
倒れても弁からフィラリアがとれれば数秒で戻ってくる。
心停止とは違う。弁にひっかかって心臓の圧が上がっての虚脱だから
心マなど要らない。
前足をピンで治すか要検討。
前脚はするならピン。ピンを入れるにも骨密度が薄そうで割れそうなのが心配。
とピンに耐えるのか。ピンならギブス固定しないとならない。

よく食べている。
足のためにはふとりすぎない方がいい。
お腹のためにi/d食べている。ドライふやかし。
便検査もしたが寄生虫いないので駆虫薬は不要。
下痢止め使用。
お腹の方のご飯にしておいた方がいい。抗生剤をいれるので水下痢になるかもし
れない。ひどい水下痢になったら知らせて。
とのこと

低脂肪食などお腹のためのご飯でいい。
膀胱炎だが、結石ができていないし、膀胱にポリープもないから
ユリナリー系統のフードにして、ということはない
まずはお腹のご飯。おちついてきたら 何歳なんだろう・・・
なんともいいがたいが、一般食でいい。エイジングとかでなくていい。
てんこもりですが
とりあえず膀胱炎とフィラリアの薬と、お腹が緩いので下痢止め
とをもらってきました。
ほんとにいろいろたくさんで、連れ帰って医療報告送るのに整理が必要で
時間がかかった(TT)
とりあえず あんよ痛いって言わないし
血液検査的に命に関わる病気はフィラリアの心配以外はないし
なにより
ぴよちゃんが悲壮感があまりないので少し安心。
顔つきのせいかもしれないけど  笑
ぴよちゃんのフィラリア治療頑張ろうね。
ぴよちゃんの合宿所生活始まりました〜

応援クリックをポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村

楽天でのお買い物は ↓ こちらから。

いつものポイントはそのままでアフィリエイトのポイントがご寄附になります。

頂けたポイントをARChっこのために使わせていただいております

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    何てこと、、ぴよちゃんは生まれてから一度もちゃんと歩けたことなかったのですね。
    ぴよちゃん、何歳なのかな。
    ぴよちゃんは あんなさんのお家に来れてラッキーだったけど、ブリーダーさんの所で生まれても安楽死させられたワンちゃん、ネコちゃんもいるのだろうなぁ、なんて考えたら悲しくなりました。

    • りぼんちゃんさん
    • 2020/01/09 11:54 AM

    あんなさんが上手にまとめてくださったけど、それでも老化している頭では多くの事があり過ぎて。
    でもフィラリア以外、命に係わる事は取りあえずない…らしい…。

    ぴよちゃんのお顔、本当にかわいい。
    こちらまで笑顔になれそう。
    どうかフィラリアが陰転出来ますように。
    少しでも状態が良くなりますように。
    膀胱炎、辛いよね。

    あんなさん、たくさんのわん子に加え更に大変だと思いますが、
    どうぞよろしくお願い致します。

    • うーままさん
    • 2020/01/09 2:42 AM
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM