ダックス多頭引き取り その1 センター引き取り編

ARCh comments(2) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています。

 

9月10日 月曜日 引取報告です。

 

我が家のワンコ達、小梅家のワンコ達、お留守番頑張れ

 

アリエルはご飯食べたかな、ベス子さんはあらPとおうちでゆっくりお留守番とのこと

気にかかる子達の様子は預かりスタッフさんがこまめにLINEで知らせてくれます。

 

小梅さん預かりショパンは先日薬を処方してもらったけどイマイチで

今朝も何も食べないので輸液をして後ろ髪惹かれながら出てきた引取り。

衰弱している感はないそうだけど長時間のお留守番になるので心配は心配。

 

我が家はあゆみちゃんにサークルでのお留守番をしてもらいます。

自由を満喫させすぎた^^; あゆみちゃんにはサークルでの留守番は

堅苦しいでしょうが本当に高いところに上ってしまうようになったので

ケガが心配。

おとといから就寝の時、短時間の留守番、と少しずつ練習しました。

後輩達のために頑張ってもらいます。

落ち着ける環境に早く出してあげたい。。。

 

千葉県動物愛護センター本所からMダックス多頭飼育困難者からの持ち込み犬達の引き取りをします。

金曜日にセンターに入った子達が9頭。

ARChのキャパと通常の収容犬達の今後の検討なども考慮して

そのうち5〜6頭引き取り予定。

 

多頭の子達はあまりかまわれていなくてビビりさんも多いので

我が家から持ってくキャリー3個は全部上も開くものにしました。

下の2つは10年前から活躍中の現在は売られていない古いタイプ。

そこが少し丸くて車内でころがりやすかったり、ちょっとドアが

不安が出てきたけれどピッチリ積むから大丈夫。

やっぱり上が開くタイプは大活躍でした。

138185.jpg

 

小梅さん号は我が家を回ってくれるので一般道で一時間ちょっと。

138184.jpg

138186.jpg

 

写真がたくさんになります。

いつもの引き取り情報より長くなりますが

7頭みんな未来の里親様に見ていただく情報なので。

お時間のない方はお暇な時に改めてご覧ください。

 

 

ダックス達は子犬舎にいました。

仔犬舎はセンターの母屋?の収容棟とは別棟でケージ管理ではなく

窓のあるブースの分かれた収容部屋です。

 

先週金曜日収容

♀♂で分けてありますが家族と一緒で少し不安は少なかったかな。

身を寄せています。

※ARChが引き取った子だけでなく9頭の写真が混じります

138180.jpg

 

前情報ではほとんど♀とのことでしたが

♀6頭♂3頭でした。

138182.jpg

震えている子もいますが恐怖でパニックにはなっていない

♀は妊娠疑惑の子がいてその子をまず引取予定でしたがヒート?

※この茶色の子ではありません

138181.jpg

P2440843.JPG

 

P2440846.JPG

P2440839.JPG

 

P2440848.JPG

P2440851.JPGP2440853.JPG

 

小柄だけど重たい女の子

P2440852.JPGP2440854.JPG

 

 

P2440855.JPG

138178.jpg

138176.jpg

 

甘えたさん?

138174.jpg

 

P2440856.JPGP2440857.JPG

 

んー、どれが女の子達でどれがどの子達かわからなくなっちゃった。

未来の里親様はきっとわかるし、ああ、うちの子 と探されると思うので

たくさん載せちゃう  

見ると切ない画像かもしれませんが

この子達は3日しかセンターにいなかったし、長毛種ではないので

そんなに悲惨な状態でもない。。。

お掃除終わったあとかもしれませんがゲリピーまみれとかにもなっていない

 

3匹ずつ入っていました。

P2440858.JPG

 

ほぼみんな大人しく身体を任せてくれました。

P2440860.JPGP2440861.JPG

P2440866.JPGP2440867.JPGP2440869.JPG

P2440870.JPG

P2440871.JPG

 

一番若い男の子があまり人慣れしていなくてパニックになるとのこと。

あまり人にかまわれたことがなかったのでしょう

1歳未満?月齢かも、とのことでした。

この子はARChにということでしたのでまず引取決定。

そんなに難しい子ではありませんでした。

P2440872.JPG

P2440874.JPG

P2440875.JPG

 

すぐへそ天になってる子もいます。

P2440878.JPGP2440879.JPG

 

ダックスらしい甘えん坊さん達かな

P2440882.JPG

 

引取り可能な他団体さんは♀を希望とのこと

ヒートっぽい女の子2頭をまず引取り。性格のよい子を残してあと2頭で♀4頭。

P2440884.JPG

 

引取り予定5〜6頭でしたが 

ん?

センター依頼の男の子1+もう1で6頭だったんですが

男の子3頭入っていたブースの中 「1頭だけ置いていけないよ(TT)」

つうことで7頭の引き取りになりました (^◇^;

P2440915.JPG

 

収容棟で収容中の子達も見ました。かわいい子達いました

かわいい子はオファーもあるだろうし、センターの譲渡会にも出せる。

この子達は一番若い男の子を除いて(まだ検査にひっかからないだけと思われる)

全頭フィラリア検査で陽性なのでこの子達をまず引き取れば、ということで。

 

小梅さんが書類の手続きをしてくれている間に

カコさん号に全頭積み込んで都内のカコさん&あやちゃんのトリミングサロンに

出発です。

 

P2440916.JPG

P2440918.JPG

P2440921.JPG

P2440925.JPG

みんな1時間ちょっとのドライブ 頑張れ。

 

続き トリミング編は→ こちら

 

ARChは千葉県動物愛護センターに収容・持ち込みされた犬猫を

引きとり幸せ探しをしています。

応援のクリックをどうぞポチっと♪ 


にほんブログ村

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    >AMOさま
    保護犬に目を向けていただき、ありがとうございます。
    まだまだ現状をご存知ない人がたくさんだと思いますが、救えた命が幸せになれるように活動をしています。
    AMOさんのご家庭にもよいご縁がありますように。
    フェイスブックも同期しておりますが発信力がないもので^^;
    シェアボタンでフェイスブッグなどでシェアをして広めていただけたら、と思います。

    • あんなさん
    • 2018/10/06 12:05 AM

    このようび連れてくるんですね。先日保健所よりガスで犬たちを天に送る画像を見てしましました。威嚇の吠えから悲しみの鳴き方に変わり手足を痙攣させながら恐怖と苦しみの中亡くなっていく犬たちに怒りとショックと憤りのない悲しみに襲われました。愛犬を15歳で亡くして3ヶ月思い出したように日々泣いてしまします。我が子のように育ててきたダックスどうやって立ち直れるか未だに不安に思っていましたが、保護犬を1匹探し始めました。あんなくらい環境でどれほど悲しくさみしい思いをしたことでしょう。早く神様が私たちの家庭にも新しい子を授けてくれるように毎日色々なページを確認しています。このようなことをボラティアでしている方々を心から尊敬しています。私たち一般の人間は知らないことが多すぎます。このように写真してくださると理解を世の中にも示しやすいと思いました。しかし毎日ホームページをチェツクしていたにもかかわらず、このページにたどり着いたのは今日が初めて。一人でも多くの方が見られることを望みます。FACE BOOKとかはダメなんですかね。

    • AMOさん
    • 2018/10/03 8:07 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM