ロコちゃんACTH検査

ロコ comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

6月19日

ロコちゃんACTH検査の日。

 

ACTH刺激試験という検査でクッシング症候群になっているかどうかほぼ診断できます。

 

クッシング症候群は、放っておくとインスリン(血糖値を下げる働き)の働きを妨げることにより

糖尿病を引き起こす原因になったりするそうです。

怖いのは、過剰のコルチゾールにより高血圧、血管内で固まってしまった血液が溶けにくくなることにより

肺の血管を閉塞し、肺血栓塞栓症を引き起こすことだそうです。

多飲多尿になったり、おなかが膨れてきたり、左右対称の脱毛があったり

食欲が増進したり、で クッシング?と気づくことが多い。

 

ロコちゃんはそういう症状は出ていませんが、副腎に腫瘍があったのでクッシング症候群=副腎皮質機能亢進症に

なっている可能性が非常に高いので検査で確認です。

 

強いて言えば食欲があるけど、これはただの食いしん坊もいるし〜

 

副腎皮質刺激ホルモンを注射し、注射前後の血液中のコルチゾールの量の変化を比べて診断します。

費用の高い検査ですが、適切な治療をしなくては、なので。

 

ご飯抜きで病院へ。

P2430029.JPG

 

2回採血が終わるまでお腹すくよね。夕方のお迎えだったら

採血終わったら食べさせてもらおうね、とカリカリフードの

お弁当用意していたら ご飯〜ご飯〜と叫んでいた^^;

P2430030.JPG

 

1時間ちょっとで終わるということで、

我が家に戻ったら、家に入らず戻らねばならない時間だった(笑)

待たせるのもかわいそうなので車で5分ほどの事務所で何かして

なるべく早くお迎えに行くことにしました。

車に積んできていた我が家に届いたべに〜な母ちゃん様からのシーツを事務所に

運んだり、(ありがとうございます!! みんなでシェアして使わせて

頂きます!!大変助かります!!)

事務所の段ボールを整理して捨てに行ったりしてあまり待たせずにお迎えにっっ

 

P2430028.JPG

 

お腹すいたっっ

P2430026.JPG

 

用意してきたカリカリにサーモンオイルスプレーして

ミルクパウダー状のサプリを混ぜてもみもみして。

P2430023.JPG

 

お口に入れてあげても 器に入れてる時もだけど

周りにこぼして拾って食べるです。

夢中で食べました 

P2430022.JPG

 

多血症と言われてた血液の状態は大きく改善していました。

 

検査結果からはクッシングになっていることがわかりましたので

アドレスタン服薬を継続が必要です。

 

右副腎の腫瘍の大きさは1.1から変化なし
> 副腎腺腫か腺がんか偶発腫かだが回りが石灰化しているのでほぼがん
> 必ず大きくなる
と言われてましたが大きくなってはいませんでした。
まだ日数がそんなに経っていないが、おそらくがんではなく良性腺腫であろう
とのこと。引き続き、投薬しながら経過観察します。

投薬しながら経過観察。とりあえず1カ月後にまた経過観察。

 

指間腫瘤は落ち着いたのでそちらのための投薬は一旦終了。

再発したら来なくちゃならないけれど、とりあえずは

1か月分のお薬をいただいてきました。

P2430035.JPG

高い検査ができるのも

治療ができるのもご支援いただいてる皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

里親会に参加しないのは

あんよが破裂して、免疫抑制剤を飲んで細菌感染の抵抗力もない状態で

細菌感染重々注意、と言われていたからで元気よく過ごしていますので

ご安心くださいませ。

 

おしっこにキラキラ結晶が出ていました。

膀胱内は綺麗なので、水分たくさんとってもらって結晶は出してほしい。

でもあまり水飲まないから

帰宅した甘酒を。

甘酒のお皿に水を足してあげるとその水はよく飲んでくれました。

 

P2430034.JPG

 

ススム君は甘酒にはあまり興味を持たない。

なぜだろう?

ススム君体重増加しているから欲しがらなくてちょうどよし、です (笑)

 

ロコちゃんの腺腫が小さくならないかな〜

小さくなあれ、の魔法がかかるように

ポチっとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM