足先流血

ロコ comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

6月11日 月曜日。

朝、2階の浴室でリーチのシャンプーをして降りてきたらロコちゃんがびっこをひいていた。。。

 

どうした?

 

ロコちゃんのパテラは左がG2、右がG1と外れやすくはありません

が、異常に筋肉がない、と言われていたので

外れて戻せなくなってる?と足を上下にさすってみた

 

ボタボタボタっっと滴り落ちた ひぇ〜〜

DSC_9519.JPG

 

どこからの出血か確認しようとするとすごく痛がって嫌がる。。。

洗面所でぬるま湯で血を流してみる

爪の先ではなさそう。

DSC_9526.JPG

爪が短く切れなくて長いままだったからひっかかって根本から

出血した?

DSC_9520.JPG

 

どうやら指の間らしい・・・

DSC_9522.JPG

はっきりわからないし、流血は続いている。

今も顎の為に抗生物質は飲んでいるが、細菌感染防止のために

効くものかはわからない。

とりあえずガーゼと包帯を巻いて、小梅さんに連絡して病院に行くことに。

P2420725.JPG

DSC_9527.JPG

リーチのドライヤーを済ませて降りてきたら

あれ?右前足も少し血がにじんでいる?と言う状態でした。

 

ということで病院へ。

P2420734.JPG

 

キャリーの中、車の中はおりこうにしていられるロコちゃんです。

P2420733.JPG

 

ガーゼと包帯すっぽ抜けていましたが、出血は収まっていました。

P2420731.JPG

 

ロコちゃんもお耳が汚かったから洗浄しています。

昨日の夜もしました。

待ち時間にふと、耳を見たら ん?皮がヒラヒラしとる

DSC_9539.JPG

 

え。やだマラセチアとか?

ぺろっと剥がしたいのをぐっとこらえる。

 ううう、剥がしたい。が、マラセチアとかをチェックするなら

 これ剥がして捨てちゃったらいけないからこらえる ^^;

DSC_9547.JPG

 

足の出血は指の間からでした。

指間腫瘤の破裂。

 

以下、病院受診後の会への医療報告から

 

指間腫瘤の破裂ということでした。
前足の指の間には退院時に小さな腫瘤があったそうです。
後ろ脚にはなかったが、新たにできたのだろうとのこと。
最初にびっこをひいていたののは破裂前で痛かったから。
で、私がしごいて絞り出してしまったような感じで出血。
血ではなくほぼしょう液成分とのこと。
腫瘤の破裂なので一応顕微鏡で確認。
腫瘍細胞はなく炎症細胞のみなので心配なものではない。
この子は副腎も悪いから、ということでした。
指の間にしかできない、が、指の間はどこにでもできる可能性があり
破裂する。すぐにできる。
足先が見やすいように毛を刈って、ひっかかって指の間が開かないように
長い爪も切ってくれたら、後ろ左足の指の間にも腫瘤ができているのが発見されました。
いずれは破裂するだろうけど細菌感染しないように舐め防止にカラーを、とのこと。
すでに破裂していた二か所は止血の包帯をしてくれ、外れたら
そのままでいいが最近感染に要注意。


免疫介在性皮膚炎からの指間腫瘤ということでした。

副腎が悪いのでステロイドが使えない。
治療としては顎で飲んでいるゲンタシン残り3日分あるので
追加5日分と免疫抑制剤。

シクロスポリンがいいのだが、シクロスポリンは胃腸障害が出る可能性がある。
下痢が治って今朝からアドレスタンを開始しました。
アドレスタンも胃腸障害が出る可能性がある。
胃腸障害が出た場合にどちらの副作用か判断がつかなくなるといけない。
ということで、とりあえずシクロスポリンではなくアポキルを3日。
アドレスタンの胃腸障害が出るのは3〜5日と言われているので
アドレスタンの胃腸障害が出ないとわかったらアポキルをシクロスポリンへ
変える予定。アポキルで指の間も落ち着くようだったら高いシクロスポリンを
使わずに済む、ということになりました。

 

耳の皮がむけるのもクッシングの角質異常 脱毛するのと同じで
皮膚に出た症状でマラセチアではないので検査の必要なし。

 

免疫抑制剤を使うので細菌感染しやすいので清潔に留意。

 

耳のヒラヒラ 先生がパリっと剥がしてこれは大丈夫って。。。

なら剥がしたかった (笑)

大きくはがれたので思わず拾って記念写真^^;

DSC_9548.JPG

 

右前足は小さいものでした。

帰宅したらすぐに包帯すっぽ抜けました。

P2420755.JPG

 

細菌感染注意ということだったのでなんとなく雨でジメジメしているのが

気になったので床にスチームモップをかけ、ロコちゃんのご飯の時に

使うサークル(中のシーツで朝ウンをしていた)はバイオチャレンジをスプレー。

 

ここまでで朝のシャンプーからのアクシデント対応で高齢者疲れたので

遅いお昼を食べて新聞を読む・・・

 

ふと見るとロコちゃん歩くのが辛そうで立ちんぼしてる。

後ろ両方痛い?

 

そのうち破裂するだろ予告^^;を受けた左後足の指間腫瘤。破裂していない。

P2420750.JPG

 

まだここを触っても嫌がりませんでした。

怖いから足をさするのはしない〜〜

P2420754.JPG

 

夜のロコちゃんはわりとちゃんと歩けるようになりました。

右足の痛みなくなって、左も痛いのを乗り越えた?

 

え。 乗り越えた???

 

と左後肢をそっと見る  

なんか赤いよねぇ   でも床に流血ないよね  

P2420758.JPG

 

と思ったらポリポリしていた脇腹にしっかりついていた。

すでに破裂して痛みのピークを越えたらしかった。。。(V)o¥o(V)

P2420770.JPG

 

トイレふんずけたりしないでね〜

免疫抑制剤を飲むので、細菌感染に対しての免疫力も低下します。

 

でも、しっぽフリフリしてくれるし、ご飯完食しているし

いびきかいて寝て辛そうではありませんのでご安心ください。

 

 

しばらく病院に通わねばならないことが続くから

ロコちゃんも元気に過ごせますように。

応援のクリックをポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM