6月5日 千葉県動物愛護センター本所引き取り報告 1

引き取り comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

引き取り報告,任

頭数も多いため分けます。

 

同じ子の写真がたくさんありますが、頑張ったこの子達の姿、

けなげなワンコ達の姿、を、新たな犬生を始めるにあたって

見ていただき、応援していただきたい、と思います。

捨てる人があったけど、あなた達のことをみつけて応援してくれる人もいるから、

頑張っている姿、みんな見てくれるから、頑張ろうね、

と写真を撮っています。

 

 

本日引き取りの子達は4頭でした。

すべて1週間前にマルチーズ♀を引き取りに行った時に会っていました。

収容期限中だった高齢のシーズー♀、チワワ♀は事前に知っていましたが

その他に持ち込みというMダックス♂が2頭いました。

 

P2420407 - コピー.JPG

P2420133.JPG

 

人なつこい

P2420149.JPG

P2420150.JPG

Mダックス達は一緒に持ち込まれた子達。

持ち込み犬は収容情報には載らないので登録団体も問い合わせしなければ存在はわかりません。

最近は、問い合わせがくることはほぼない状態ということでしたが

この時点で顎が解けている高齢シーズー、高齢チワワはオファーが

望めなさそうだから、とすでに2匹引き取りを想定のARCh。

 

Mダックス2頭は離すのもかわいそうなので2頭一緒で引き取り先があればいいね、とも

思う。まだ来たばかりなのでどこからか問い合わせがあるかもしれないし

センターがどこかに検討依頼をしたら引き受け先はあるのではないかと

思える悪くない状態の子達でした。

 

他に小型犬もいましたがオファーありの情報があったり、オファー入る予想も

ついた子達はあまりよくは見ませんでした。

 

下あごが解けている高齢シーズー♀を見ておく。

出して〜と訴えていて元気はありそう。

P2420153.JPG

 

口元べろべろで顎溶けているようだけど

フードボウルはからっぽでご飯はちゃんと食べている。

P2420155.JPG

 

避妊済み?みたいな開腹痕があり

乳腺腫瘍も目立つものはありません

高齢で目はケアが必須でしょうけど・・・

オセロもいなくなっちゃったのでお世話もできる

P2420157.JPG

 

ほぼ同一場所で収容された高齢チワワ♀

P2420134.JPG

 

お目目白いから事前情報どおりシニアでしょう

この子もお腹に切った痕がありました。

やはり同一飼い主遺棄と思う。

ちょっとビビりましたが、嫌がらず触らせてくれましたし

どこも素直に触らせてくれました。

P2420163.JPG

P2420165.JPG

 

2頭ともシニアですが、衰弱はしていないのでよかった。

収容期限があける金曜日に詳細確認して、翌週の引き取り?

の計画を、ということで元気でいてね、というのが先週でした。

 

Mダックス君たちは8歳くらいらしい。

飼い主病気入院のための持ち込みで、ワクチンやフィラリア対策や

お手入れなどはしてもらっていて、性格もよいっぽい

クリーム色の子の方が少し大きいけれどまどんかさん預かりのゴー君よりは

少し小さい。

P2420167.JPG

 

茶色の子の方が少し小さ目 でした。

P2420168.JPG

 

結局、この子達も引き取り、で本日は4頭の引き取りに向かいました。

 

続きの

  Mダックス編は → こちら

  シーズー編は → こちら

  チワワ編は → こちら

 

みんなみんなあたたかいご家庭にみつけていただけますように。

幸せ探しの応援していただけるようにランキングに参加しています。

どうぞ幸せの後押しのためのクリックをポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM