アトム 肝生検結果

アトム comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

右側真ん中がとりぃ君です。

とりぃ君の保護以降の様子もアップしましたのでどうぞご覧くださいませ。

おかげ様で元気にすごしています。ありがとうございます。

DSC_5141.jpg

 

現在合宿所滞在わんこ 6匹

もうひとりはどこ?

 

 

アトム君はここ。

テーブルの下が落ち着くみたい。

ソファの上にいることもあるようになりましたが目が合うと降りてしまいます。

怒ったこともないのになぁ

DSC_5143.jpg

 

それでもおやつの時には並んでお口をあけてくれるし、

ご飯の時もぴょんびょんとびながら来てくれるし

お散歩の時もリードつけるのを待っていてくれるし

ビビりしょんとかしなくなったし、

だいぶ人慣れしてきたな、と思います。

里親会でもおやつもらってたしね。

前回の里親会では瑛太とオセロを探してうろうろしていたけど

今回はそうでもなかったみたいだし♪

さとおやかい6.jpg

 

アトム君 門脈シャント?の疑いがあり、確定診断ができるまで里親様募集を

開始していませんでした。

 

先週、去勢オペとともに肝臓の二か所から細胞を採取して、外注に出す

検査をした 結果がきました。と先生からご連絡をいただきました。

 

栄養不足による小肝症  

でした  

 

肝内シャントでなくて、肝微小血管異形成、もしくは原発性門脈異形成 という
検査結果が出たら治療も投薬も必要ない、ということになる。
その可能性もあるからそれだといいね、と言われていました。


開いて目視、でも、肝臓がやはり通常の2/3くらいと小さいとのことでしたが

栄養障害により肝臓がちゃんと育たなかった
栄養不良による 小肝症 だったとのこと
二か所から取って出した結果なので決定。

 

肝臓は小さいが、門脈シャントと違って肝臓に行くべき血液が解毒されないまま
全身を巡るということはないのでとくに治療などは必要ではない。


肝臓が小さいので、肝臓の病気などになった時に抵抗力は弱いということはある
けれど。


とのこと。成長する時にたんぱくなどか足りずに肝臓がちゃんとできなかった
とのこと。

 

なので、肝臓を血液はちゃんと通るので

門脈シャントで出ることのある肝性脳症がひきおこされることもない。
肝臓の働きをサポートするサプリをあげることは小さい肝臓のために
有効でしてあげた方がいいが、肝臓サポートのフードの必要はない、とのこと。

 

コロコロむっちりしていたのに栄養足りずに内臓がちゃんとできてなかったなん
て。。。可哀相に。

 

でも、しっかり肝臓を通っていてよかった。

 


募集開始しますね。
ご理解あるご応募がありますように。

 

みんなみんなあたたかいご家庭にみつけていただけますように。

保護犬猫のことを広く知っていただくためにランキングに参加しています。

ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM