東葛飾支所引き取り

- comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています


5月24日 水曜日

千葉県動物愛護センター東葛飾支所引き取り

 

引き取った子とは先週も会っていました。

先週、支所には小型の収容犬が複数。。。。

中に後肢が動かない、というヨーキー?さんもいましたので様子をうかがいに行きました。

ありがたいことにその子は引き取ってくださる方がいて残っていた子の引き取りです。

 

先週見に行ったら ケージの中でワンワンワンワン 出して〜と言っていました。

出たいだけでとっても人なつこいとのこと。

にし1.jpg

 

ご飯もあまり食べていなくて人恋しい甘えん坊

開けてもらうと大喜びで出てきました。

にし2.jpg

若いし、かわいいし、性格にも問題はなさそうだし、そんなに酷い毛玉にもなっていないし

迷子になっちゃって家族が探してきてくれるね、と思いました。

にし3.jpg

 

迷子かなって。

にし4.jpg

 

でも収容期限=告知期間が終わってもお迎えはありませんでしたので

引き取ることにしました。

とくに問題もないし、愛嬌のある顔立ちだからすぐにご縁はありそうだから

長く在籍しているワンコが複数いますが、この子を抱える心配はありません。

 

お迎えに行ったら、事務室に連れてきて待っていてくださいました。

にし5.jpg

ワクチン済み、フィラリア検査済み(陰性) ♂

チワワmix チワワ×ヨーキーかな??という風貌。

にし6.jpg

 

ではでは、センターは卒業しましょう

にし7.jpg

 

最初は出して〜と言っていましたが、他のことなどお話してる間に

大人しくなりました おりこうさん

にし8.jpg

 

東京のカコさん、あやちゃんのトリミングサロンへ。

車酔いもしないみたい

にし9.jpg

にし10.jpg

 

シャンプーもおりこうにできました。

にし11.jpg

 

ブラッシングもおりこうさん

にし12.jpgにし13.jpg

 

可愛い甘えん坊さん

お鼻の両脇の色が抜けています。目も茶色っぽい

にし14.jpgにし16.jpg

 

ふわふわがかわいいのでバリカンはいれませんでしたが

ハサミも怒ったりしません

にし17.jpgにし18.jpg

 

後ろ足の毛玉が抜けにくいのでしつこくスリッカー^^;

片足立ちでこらえるワンコ でも嫌になったのかブラシにかぷっと

いう仕草をしました。 でもスリッカーを持つ手にガブッとしたり

怒ったりはしなかったので いい子だね〜 とアマアマ評価

にし19.jpgにし20.jpg

後ろ足がちょっとお手入れ苦手かしら ちょっとね。

どちらかというと前足持つと嫌がる子の方が多い。

うしろ足はお口からも遠いし、この子のやめて、は優しいので

お手入れもとくに問題なし

にし22.jpgにし1.jpgにし2.jpg

 

不安なお顔が段々リラックスしてきてかわいいね。

にし3.jpg

 

はい、なされるがまま

にし4.jpg

 

おりこうだね〜 カメラ目線もくれます (^^)

にし5.jpg

にし6.jpg

 

人が大好き、犬には無関心とのことでしたが

そんなことはなくワンコも大好きのようです。

ちょっとご遠慮したいピケちゃん。白いのはピケちゃんです。

女の子にしつこくしているわけではありません 笑

にし7.jpg

 

市川の協力病院が休診日でもあり、松戸の協力病院へ

病院でも大人しい。心雑音なし フィラリアマイナス

体重3.1圈|砲了辧1歳前後? 歯もピカピカ

にし8.jpgにし9.jpg

 

とくに問題はない、と思いましたが 

ん? なんか右足触ると嫌がらないですか?という感じがしたので

よく診ていただきました。

確かに嫌がる・・・股関節?

にし11.jpg

股関節のレントゲン 

にし10.jpg

 

左右に違いがありました。

レッグ・ベルテス(大腿骨頭壊死症)と思われる とのこと。。。

大腿骨の先端に血液がいかなくなり壊死してしまう病気です。

先端の壊死部分を切除する。

切除してしまえばそこに代わりの関節になるもの?ができてくるので

代わりの何かを入れたりする必要もないものだそうです。

原因は不明だが、遺伝性のものと言われているそうです。

にし12.jpg

若くして発症するものなのでやはり若くて2歳になっていない。

1歳前後ではないか、とのこと。

 

若くて、人なつこくて、風貌もかわいくて どうして飼い主が出てこなかったのだろう

と不思議でしたが  そういうことか。。。。(-_-)

 

医療費は掛からなそうな子かと思ったらそうはいかなかったが、仕方ないね。。。

 

痛くなった時に頼りにならない飼い主って・・・かなしいね

人なつこく甘えてくれるから また切ない  

にし13.jpg

こちらの先生はこのオペの経験がないとのこと

明日、市川の協力病院でセカンドオピニオンを、ということになり

急遽移動。

休診日ですが、トリミング部はやっているので連れていって

一晩入院→翌日検査 をお願いしました。

 

トリミングの時にかぷっとしようとしたのも右の後肢でした。

痛かったんだね。。。

 

治して幸せつかもうね

 

保護犬猫みんなによいご縁がありますように。

ポチっと応援お願いします 

 にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM