ちぃちゃん 夜間緊急

ちいちゃん comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

11月3日 祝日

ARChの卒業犬オフ会&ファミリー交流会

 

夕方帰宅したらちぃちゃんの様子がおかしい。。。

ぐったりしている様子

このところ食べが悪いので脱水にならないように日中も

カロリーエースやお肉のスープなど水分を摂らせていたのだけれど

今日は昼間外出していたので脱水になってしまった?  と

薄めたカロリーエースをシリンジであげる。

 

飲んでくれるけど タラーとこぼれてくるのも多い。

 

朝のちぃちゃん

昨日と変わらずよく動いていました。

薬をイヤイヤするのも力強く、ご飯を食べるまでキャリーの扉を

閉めているのだけれど、もう食べないから開けて〜と扉をカリカリする

力強さもありました。

ちい8.jpg

 

祝日なので病院は午前中でやっていないし、

でも具合悪そうだし・・・

 

小梅さんに連絡。

 

その間トコちゃんも心配してくれてるようなくらいのちぃちゃん・・・

元気のいい時のちぃちゃんなら ちょっと嫌がるのだけれど

そんなそぶりもありません。

 

小梅さんが先生に連絡を取ってくれて、急遽先生も病院に駆けつけてあけて待っていてくれました。

内出血などもなく、血小板減少症からの何か起きたわけでもなさそうだし

血糖値が高かったので糖尿から来るケトアシドーシス?

 

血液検査など見て貰います。

 

輸血が必要かも、とらい君を連れてかけつけてくれた小梅さんと

待つ時間の長いこと・・・

奥からはピッピッピとか音が漏れてきます。

 

脱水もあったので薬を入れた輸液をしてくれていました。

血糖値は高くなかったのでケトアシドーシスが怖かったけどそれではない、とのこと。

白血球値が50500ととても高くなっていました。

輸液をしたら立ち上がって動いた、とのこと

診察室に連れてきてもらったちぃちゃんの頭が上がっていたので

少し安心しました。

ちぃ5.jpg

 

ちぃちゃんの細い血管に留置針を入れるのがとても大変だったとのこと。

病院のスタッフさんも休日夜間に頑張ってくださいました。

薬を点滴で入れてもらうためにちぃちゃんは病院にお願いして帰宅しました。

ちぃちゃん 頑張れ。

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM