ちいちい経過チェック日

ちいちゃん comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな

ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

 

10月30日 

ちぃちゃん 経過チェック日。

病院へ

血小板減少症の治療のために ステロイドと免疫抑制剤服薬の治療中です。

吐き気、下痢などの免疫抑制剤の副作用もありませんが

食欲が落ちてきていて体重が減っていました。

 

血液検査の結果は
血小板は 7.2 入院時 0.7
  ※顕微鏡で見た実数値は15万程度認める との所見あり。
赤血球、PCV、ヘモグロビンはギリギリですが正常値に入るくらいなので
貧血は一応安心  よかった。

 

GPTは(10〜100)で150と高めだが、肝臓に心配はない
ビリルビンは正常値

 

血糖値(74〜143)が264 と高め
これは1.5粒と多量のステロイドの副作用
原因はわかるが糖尿病に移行するのが心配、ということで尿をとりたいとの
ことでしたがとれず。。。

(血小板はまだ少ないので尿道にキズなどつけるのが怖いので採尿はしたくないということで)


が、ステロイドを飲んで、血糖値が高いわりに多飲、多尿もひどくなく
よく動き回って倦怠感もなさそうなので糖尿で食欲がないというわけではな
さそう、 ということでした。

 

BUN 62.6 と高めだがクレアチニンは1.2と正常値の真ん中あたりなので
タンパク制限でなく、糖質制限に近い食事を、とのこと

 

1週間後 6日に再度血液チェック予定。

血糖値が上がり続けるようだったらステロイドを減らす
→そうすると輸血

血糖値を下げるためにインスリンを与える、かだそうです。

 

改善されるといいのですが。。。

内出血しないか、あざが増えないかも観察します。

 

ステロイドは朝に1.5錠 シクロスポリンは夜に2錠
胃薬粉末朝晩、錠剤胃薬朝、
心臓に今まで通り2種類。

 

あまり食べないのだけれど ウンは出てるので食べていないようだけど

いくらか食べているのだろうと少し安心はしたのですが・・・

ちい9.jpg

 

あまり食べませんが とても活発に動くのです。

多動になるような興奮する薬はない、と言われましたが

先生も診察室で動くちぃちゃんに倦怠感とかはない様子だもんね、と。

 

 

お薬をプッとするのでちゃんと飲ませるの工夫がいります

ちぃちゃんも心臓が悪いし、顎が割れていたので無理矢理口をあけることが

できません。。。

 

ちぃちゃんがお薬ちゃんと全部食べてくれますように。

ポチっと応援をよろしくお願いします。


にほんブログ村

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM