ウィズ経過

ウィズ comments(0) trackbacks(0) ちばたり あんな
ARCh(アーチ)  アニマルレスキューちば は保護犬猫と新しい飼い主さんを結ぶ架け橋の活動をしています

4月16日木曜日  久しぶりに雨の心配のないいい天気です。

昨日の夕方は雷がすごかったらしいですが
出稼ぎに行っていた表参道は大丈夫でしたので聞いてびっくり。
そっか。。。

みいとの雷の時用の安定剤 もう一粒残っていたのだけど
もう要らないね。
そっちはずっといいお天気なんだもんね。  

我が家の新人さん達は変わりなく帰宅を迎えてくれました。


13日、14日とカコさんのところで引き取りっこ達のトリミングをしてもらいました。
で、遅ればせながら13日のウィズの様子。
カコさんが傷口の手当を行くまで待っていたくれたの。
皆様にご報告する写真撮れるようにって 
それってブログ更新をお任せ、ということじゃないよね?
手当していると写真撮れないからだよね?(あやちゃんいるけど)

ということで皆様にご心配、応援頂いている首から下全身麻痺の
ミニピン♂ウィズの経過報告です。
ウィズ こんにちはっ 目の届くお店のカウンターの内側、
トリミングルームからも見えるところでねんね。
うぃず1.jpg
頭がしっかり上がります。
うぃず2.jpg
褥瘡の手当
前足はかなりの強さで突っ張っていますが 下半身はそれほど硬直はないので
座らせる体勢を取らせることができます。
うぃず3.jpg

あ。おばちゃん こんにちは  
おりこうにできるんだよ

うぃず4.jpg

怒ったりしません 痛みを感じないから。
歯磨きをしようとしたら怒ったというのでミニピンらしい嫌なことは
嫌と言える子だと思うのだけど。。。
引き取ってすぐの診察で睾丸の腫瘍化が見つかり切除しました。

でも全身麻酔なしでした。痛くはないからって
・・・そうなんだ・・・とちょっと切ない報告でした。

が、きっと今のウィズに神様が与えてくれた力なのだと思いたい。
痛くないんだもんね。
うぃず5.jpg
お目々くりくりって表情が出てきました。
一緒に寝てくれているカコさんのお嬢さんのあやちゃんは好きなんだって
わかるんですよ。 あやちゃんのこと好きね。 
あやちゃんに感謝、です。
うぃず6.jpg
うぃず7.jpg
うぃず8.jpg
皆様からの手当グッズやご支援でかからせて頂いている病院治療の
成果が出て 褥瘡が回復しているのが見てよくわかりました。
うぃず9.jpg

圧迫排尿の時におしっこが回ったりもするので軽くシャンプー。
シャンプー液は傷があるので使いませんが気持ち良さそうです。
温かいのは少しわかるのか、温まって身体が少し緊張がゆるむのかな。
うぃず10.jpgうぃず11.jpg
傷口は洗浄してメロリンシートをあてます。
傷があった子の手当の時には、何をするの〜ともがくのを押さえつけて大汗かいたりしていたので そっか 痛みがないから安心して身を任せてくれるんだな、と思いました。
痛い ってことがわかることもありがたいことだったんだよね。。。
うぃず12.jpg
絆創膏で固定して伸縮包帯で押さえます。
うぃず13.jpg
身体の方は包帯が長く必要です。
巻いていると短いものなどは あ。と途切れるんだよね
巻いて、切って、巻いて、切って、オーダーメイドのベストで押さえて
使う量ができるだけ少なく済むように工夫してくれています。
ご支援はありがたく大事に活用しています。

うぃず14.jpgうぃず15.jpg

はい、おしまい♪おりこうでした
うぃず16.jpgうぃず17.jpg
うぃず19.jpg


事務所に届いていたフリマ物資の中にもウィズへの応援があったので届けました。
うう、嬉しい のウィズ の図。
と嬉しそうに並べたのはカコさん 笑 ほんとに包帯少なくなると心細いもんね。
ご支援金も頂いているのでなくなったら会でも買わせて頂くのですが、高いから余るほどは買わないですから気持ちの余裕が違います。  私、ぐりこちゃんの時は夢に見たもんね。あ、包帯がないって 笑
ウィズへの応援、ご支援、ありがとうございます。
うぃず18.jpg
笑っているみたいなウィズ  
タオルや枕もきれいに取り替えてもらって気持ちいいね
うぃず20.jpg
お疲れさま、は薄めたミルク
水分を自分では摂りにいけないので脱水にならないように水分摂取の管理も必要です。
シリンジでなく、支えてあげれば自分で飲みますが 支えてあげなくてはならない。
ベビーベッドなどを置くスペースはないので カコさん、腰大事にしてね。
うぃず21.jpg
飲んだら出る いや 出す
うぃず23.jpg

圧迫排尿。
出てしまうよりは汚れない。
うぃず24.jpg

褥瘡がだいぶ治ってきました。
せめて褥瘡の手当が減ればいいのですが。
またできるのを防ぐのも大変なこと。
栄養がしっかり摂れれば治りも早く、できにくくなるのでお腹が本調子になってくれるといいね。

引き取ってみたらウィズは死にそうな子ではありませんでした。

でも、ただ引き取るだけではなく、殺処分にならなくてよかったね、と思う生活を送らせてあげなくてはなりません。

不自由だから不幸 ではない 不自由だけど不幸じゃない
大変だけど  それでなくては意味がない。

そう同じように思って応援してくださる皆様がいてくださることが
私達の大きな力です。 

ウィズはご飯を積極的に食べ、ミルクを美味しそうに飲みます。
お腹がもっと快調になって美味しいものももっと食べられるようになるといいねっ


保護犬猫達のことを広く知って頂くためにランキングに参加しています。
わんにゃんみんなが幸せに暮らせるように 
ポチっとクリックでの応援をどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

 
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM