1週間後

あたる comments(1) - ちばたり あんな

CATNAPにレスキューされた愛息みっきいの仲間達を千葉県動物愛護センターからレスキューする搬送・プチ預かりのお手伝いをしています。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ保護犬達のことが沢山の方の目に触れるよう応援して頂けたら嬉しいです。

12月23日木曜日 祝

あたるが毛玉のコートを脱がせてもらって1週間経ちました。

1週間前、引き取ったシーズー3匹を協力病院で診てもらいました。
あたるは足のケガもひどく、一匹だけマイクロチップを入れるのを見送りました。

帰宅するまえにあず母さんにらく君をお願いするために車を走らせながら
あたるのことを思うと涙が出ました。

どうしてこんなになるまで放っておかれて、こんなになって処分して、と
持ち込まれちゃったんだろう 痛いよね 痛いよね 何も悪いことしてないのにね

ラップで巻かれた足からは沢山の滲出液が流れ出ていました。
後ろの左足はずっとあげたままでした。

1週間経って 瞬間 左足を着くのを見ることができるようになりました。


チーをする時と歩く時にたまに、なんですけれど 笑


痛くないのかな?

足をつくようになったら巻いているラップがとれかかったり、破れたり
するようになりました。
大変、大変、バイ菌が入らないように気をつけなくては。

1週間経ったので協力病院で診て頂きました。

足の腫れがだいぶ引いてきました。

腫れが引いたら傷口がパッカリ明らかになって来ました。
2僂らいの幅でぐるっと皮がありません。

ラップ交換の時に白く光るものが見えます。
診てくれている先生に看護師さんが聞きます「骨?」
うん、私もそうなのか〜?とこわごわ見ていましたよ。
「違うよ」

あ、違うのね。

靱帯だそうです。筋が切れているのでこれから落ちてしまうかも
しれない、でも、足を着くことがあるようになったのなら歩行には
使えるようになるでしょう、不自由になっても指先くらいかな、
とのこと。

「これなら残せますね」と言われました。
そう、良かった  って そんな状態だったの? ひぇ〜〜

これから回復して行く時に毛が埋め込まれないように、とバリカンで
傷口周りの毛を刈ってくださいます。


大人しく、いい子でできました。

我が家でのラップ交換の時、傷口を洗浄する時には悲鳴をあげます。
逃げようともがきます。必死だから結構、力があります。

でもね、おりこうなんです。
噛みついたり、怒ったりしないいい子です。

腫れが引いて傷の全貌がわかりました。
結構深い範囲の広いものでした。
年内にもう一度見せてください、 ということになりました。

しばらく痛い洗浄は続きます。
頑張ろうね。
おばちゃんも傷見るの怖いけど頑張るっっ  o(@_@;)o


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ← せめて痛みが早く軽くなりますように!!



 

  • 0
    • Check
    コメント一覧


    そんな酷い状態だったんですね…

    傷口を見て…たしかに酷いとは思ったのですが。
    もし靭帯が切れていたら…もっと酷い状態だったのかって思ったら、背筋がゾクッとなりました。

    あんな酷い状態で保護され、元の飼い主に腹も立ちますが。
    あたる君の足が残せて良かったです(泣)

    後は…1日も早く痛みから解放してあげたいですね。

    ラップした後に、靴下とか履いたら多少バイキンが入りにくいかな?
    靴下が必要なようなら言って下さい!
    同じ鎌ヶ谷市なのでチャリンコで届けにいきます!

    • うーたんママさん
    • 2010/12/28 6:19 PM
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM